鼻 ニキビ 治し方

鼻ニキビの治し方を解説しています。
MENU

ホルモンバランスを整えてニキビを対策

思春期のニキビも大人のニキビも、ホルモンバランスが乱れることで、ニキビの発生原因となる男性ホルモンが増加して起こります。
女性だとしても少量の男性ホルモンは分泌されるのですが、
女性ホルモンとのバランスが崩れてしまった場合に様々な肌トラブルを招きます。
ですから、ホルモンバランスを整えることは、スキンケアの重要ポイント。

 

それでは、ホルモンバランスを整えるために、何をしたら良いのでしょうか。

 

 

簡単に言えば「食べる・寝る・遊ぶ」

ホルモンバランスを整えるために必要なことを簡単にまとめると、「食べる・寝る・遊ぶ」となります。

 

食べるというのは、栄養をしっかり摂取するということであり、
寝るというのは、文字通り寝ることであり、
遊ぶというのは、ストレスをためこまないように発散するということです。
それぞれについてもう少し詳しくみていきましょう。

 

 

食事は栄養バランスを考えて

現代人は食生活が乱れがちですが、必要な栄養がしっかり摂れない場合にホルモンバランスも乱れがちです。

 

基本は規則正しい食生活をすることで、食事の時間や回数を整えること、
そいて栄養バランスのしっかりした食事をすることが大切です。
より具体的に言えば、不足しがちなビタミンやミネラルを補給することができる、
野菜を中心とする食事にしていくことが望ましいです。

 

ニキビを治すのに有効なのは、納豆などに含まれるビタミンB2や、
バナナなどに含まれるビタミンB6、抗酸化成分でウナギなどに含まれるビタミンE、
またおなじみのビタミンCなどがあります。

 

ビタミンAを多く含むニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜も、
肌を強くしてバリア機能を強化するために有効です。
こうした食材をなるべく食事の中に取り入れて必要な栄養を摂取しましょう。

 

 

睡眠のポイントは長さ+時間帯

しっかり寝ることはニキビ対策としては最も簡単かもしれません。
しかし、確実に効果が見えるものでもあります。

 

睡眠において重要なのは、睡眠時間の長さと時間帯です。
睡眠時間の長さは、人によって違ってくると思いますが、
できれば6時間以上の睡眠を心がけ、すっきり起きれるくらいにしましょう。

 

長く寝ても、すっきり起きれない場合は必要な分に足りていないこともあるので、
数字にこだわるより、目覚めのスッキリ感を大事にしましょう。

 

そして、もうひとつ押さえていきたいのは睡眠の時間帯。
夜の10時から2時は睡眠のゴールデンタイム。
この時間帯に体内で成長ホルモンの分泌が盛んに行われ、肌のターンオーバーが特に活発に行われるようになっています。
この時間に他のことをしていると、体が再構成に集中できないので、それほどにターンオーバーが進まなくなってしまうのです。

 

ですから、理想はこの時間帯はしっかり睡眠に入っていること。
忙しい現代人には難しいかもしれませんが、この時間帯のより多くを睡眠に当てられるように努力していきましょう。
睡眠がしっかりできると、自然とホルモンのバランスは調整されていくものです。

 

 

遊びはメリハリ

そして、ストレスを溜め込んでしまうのもホルモンバランスが乱れる原因となり、
ニキビをできやすくしてしまいますから、適度に遊んで発散させましょう。
ダラダラと遊ぶと生活リズムが乱れますから、遊ぶならメリハリをつけて、短時間で思いっきり楽しみましょう。

 

派手に遊ぶだけでなく、お風呂やサウナでリラックスしたり、
運動して汗を流すことなどいろんなストレス解消を行っていきましょう。
あくまでストレス発散が目的ですから、遊び疲れてしまったり、
遊ぶためのスケジュールがストレスにならないように注意してください。

 

 

ホルモンバランスを整える治療薬もある

ホルモンバランスを乱しやすい女性の場合は、特に生理の周期が乱れたり、
生理前後の女性特有の症状が重い場合も少なくありません。
そうした方は、病院でホルモンバランスを整える治療薬をもらうのも手です。
ニキビ予防用のホルモンバランスを調整する薬もありますので、皮膚科などで相談してみるのも良いでしょう。

 

治療薬ではありませんが、大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをする成分で、
サプリメントも多く市販されていますから、セルフケアとして使うことができます。
ホルモンバランスの改善によって、ニキビ以外の肌トラブルや、
女性特有の問題にも効果がありますので、しっかり整えるようにしていきましょう。

このページの先頭へ