鼻 ニキビ 治し方

鼻ニキビの治し方を解説しています。
MENU

ニキビ隠しのマスクの注意点

ニキビは雑菌が要因となって、エスカレートしたり炎症が生じたりする場合があります。
ですから、直に手で触ってはいけません。

 

そして、手が触れないようにとマスクを付ける方もたくさんいると思います。
しかし、それ。実はあまり好ましくありません。
マスクが原因で蒸れが起きて、雑菌が繁殖してしまう可能性が高いからです。

 

ただ、もちろん風邪や花粉症などでマスクを付けたいケースもあるでしょうし、
目立ち過ぎるニキビをどうしてもマスクで覆いたくなる事もあると思います。
ここでは、そんな折のマスクの正しい付け方を紹介していきます。

 

使い切りマスクがオススメ

衛生面を考えて使い切りマスクを使用しましょう。
消毒や除菌が行える設備があれば同じマスクを使い続けても構いませんが、
それができる一般人はなかなかいないはずです。

 

多少高くついても、やはり使い切りマスクを使うのが良いでしょう。

 

ただ、そんな使い切りマスクでも、何回も使えば意味がありません。
1回使用したらそれで捨てましょう。

 

成分含有マスクに注意

「アロママスク」という、アロマやハーブ成分が
含有されたマスクが近年では出回っています。

 

しかし、このようなマスクに含まれている香り成分は、
人によっては皮膚にダメージを与えてしまったり、
アレルギーを引き起こしてしまったりする場合があります。

 

ですからニキビの有無に関わらず、一般的なマスクを使う事をお勧めします。

 

形、素材、大きさをチェック

マスクには、大人用、女性用、子供用等、色々な大きさがあります。
もちろん形も素材も様々です。

 

形や大きさのマッチしないものを付けると、皮膚にダメージが及んだり、
蒸れが起きたりする場合がありますから、気をつけなければなりません。

 

まず、可能な限り平面タイプよりも立体タイプを使うようにしましょう。
その方が鼻への負荷が小さくなります。

 

コンビニ等では品揃えが少ない場合が多いです。
薬局等、選択肢の多いお店で、自分にマッチするものを選ぶようにしましょう。

 

保湿マスクが良い

ニキビケアにおいても保湿は非常に重要です。

 

ですから「ニキビ肌用マスク」というマスクがお勧めです。
特に保湿効果のあるシートマスクというタイプには、
皮膚の保湿&マスク機能があるので、ニキビの防止に関しても非常に優秀です。

 

多少高く付くでしょうが、手軽に保湿が行えるので、忙しい方には有効だと思います。

このページの先頭へ