鼻 ニキビ 治し方

鼻ニキビの治し方を解説しています。
MENU

ニキビ跡の種類による治療法

ニキビ自体を治す事も重要ですが、ニキビ跡を腰を据えて治す事も重要です。

 

そんなニキビ跡には、きちんとした治療手段があります。
ここでは、ニキビ跡のタイプ別の治療手段を紹介していきます。

 

赤み

ニキビ跡として良く見られる赤み。

 

これは、表面的には炎症が治っているように思えても、
皮膚の内部では炎症が治っていないという状態です。

 

時間が経てばほとんどの赤みは消えますが、長引く場合も珍しくありません。

 

長引く要因の主なものは、ニキビの影響で皮膚のターンオーバーが
乱れてしまっている事です。

 

ですから、赤みを治すにはターンオーバーを安定させる事が重要であり、
そのためにレーザーやピーリングが良く実行されています。

 

またイオンを使って、ビタミンC誘導体を浸透させるという治療手段もあります。
この手段ならば、ビタミンCが肌の奥部にまで行き渡るので、
美容・健康作用がきちんと発揮されます。

 

色素沈着

茶色く、シミのように残存してしまうタイプです。
これは、活性酸素の動きが原因で、肌の内部に生成されてしまった
メラニン色素が要因です。

 

皮膚のターンオーバーによって、わずかずつ外部に押し出されていくのが普通ですが、
ニキビのせいで肌に負荷が掛かっていると、ターンオーバーの力で治すには、
多大な時間を要する事になります。

 

そして紫で黒っぽいようなシミの場合は、ヘモグロビン関連の色素沈着であると言えます。
肌の中で出血が起きている可能性もあります。

 

何にせよ色素沈着が要因のニキビ跡を治すには、
ターンオーバーを安定させる必要があります。

 

「フォトフェイシャル」や「ビタミンC誘導体に関するイオン導入」や
「ピーリング」や「レーザー」等の手段が有効です。

 

デコボコ(クレーター)

ニキビの炎症が悪化して、表皮の奥部の真皮層に負荷が掛かっている状態です。
皮膚にハリを生み出すエラスチン、コラーゲンまでもが壊れる事で発生する症状です。

 

そして真皮層のターンオーバーは、表皮のそれと比較すると元来遅いものです。
その真皮層に負荷が掛かってしまうと、細胞が破壊されてしまいますし、
再生にも時間を要します。

 

そしてそれどころか、再生が不可能になってしまう場合もあります。
これらがデコボコという結果として表れるのです。

 

このようなニキビ跡に対しては、メインとしてレーザー治療を行います。
コラーゲンの発生が促進され、皮膚の自己治癒能力が底上げされます。
これによって、新規の肌を生成できるようにしていくのです。
胸ニキビ 治し方

このページの先頭へ